コミュニケーションのテクニック

コミュニケーションをとるタイミング

コミュニケーションをとることは、つきあう二人にとってとても大切なことです。そしてコミュニケーションをとるとき、一番考慮しなければいけないのがタイミングです。

女性は男に話しかけるタイミングを慎重に選ぶ必要があります。 彼がテレビでスポーツ観戦をしていたり、何か雑用をしてるときなどは、あまり話しかけないほうがよいです。 男の世界に没頭していることが多いからです。

また、仕事から帰った直後や疲れているとき、体調が悪いときなども、あまりよくありません。

カップルがコミュニケーションをとるのにいちばんいいのは、お互いがくつろいでいるときです。

そして、タイミングを見計らって彼の意見を聞いたり会語を始めたりするのである。

意見が合わないときでも、まず同意する

どんな男女の間にも、意見の衝突はつきものです。

まったく異なる環境で育った二人の人間が、密接な関係を結ぼうとするわけですから、意見が違ってくるのは当然の話です。

ときには、彼が自分の意見をぶつけてくることもあります。
そのとき、賛成できないからといって、真っ向から対決姿勢を見せるばかりでは、彼と過ごすせっかくの時間も無駄になってしまいます。

そういうときには、いったんは同意するような言葉を使うことで、うまくこちらのペースにのせてしまいましょう。

「そうかもしれないね」と、いったんは同調し、そのあとで自分の意見を続けることで、自分の言い分がグンと通りやすくなるのです。

彼の主張に対して即座に反論してしまうと、相手は身構えて態度を硬化させてしまいます。 こうなると、こちらの主張を聞き入れてもらうのは至難の業です。

はじめに相手を肯定し、相手のメンツを立てることで、こちらの意見を聞き入れやすくさせるようにしてください。

一方的な話にならないよう気をつける

そもそも女性は、好きな人となら何でも共有したい、その日に起こった出来事はすべて話しておきたい、という傾向があります。

しかし男は、日常のちょっとした出来事などをいちいち聞かされるのはわずらわしく思うものです。 さらに、一方的に話を聞かされることは、男にとって苦痛以外の何ものでもありません。

女性はこの点に留意して、男と話すときはよりいっそう「会話のキャッチボール」を心がける必要があります。

男を会話にうまく参加させるには、男の「他人にアドバイスを与えたがる性質」を利用するのです。

具体的には、話の要所要所で「あなたならどうする?」「あなたならどう思う?」といった問いかけの言葉をつけ加えるのです。

アドバイスを求められたと思った男は、自尊心をくすぐられ、喜んで意見を述べようとするはずです。

これだけで、あなた一人の会話から二人の会話へ、流れが大きく変わるのです。

こうしておけば、たとえあなたが話している時間のほうがはるかに長かったとしても、「一方的に話を聞かされた」のではなく、「二人で会話を楽しんだ」というふうに彼に印象づけることができます。

男性に「イエス」と言わせるテクニック

男に何かお願いをするときは、一呼吸おいて控えめに言うようにしましょう。 男はへそ曲がりなところがあって、指示されたり命令されたりすると抵抗したくなるものです。

お願いできる?

けっして強い口調では言わずに、「お願いできる?」とか「してほしいのだけれど」と遠慮気味に頼めば、相手は「自分は頼りにされている」と感じ、力になってあげようという気持ちもわいてきます。

女性が丁寧な言い方を心がけるだけで、男性に「イエス」と言わせる回数は格段に増えるのです。

このページの先頭へ