初めてのデートでまた会いたいと思わせるには?

また会いたいと思わせる女性とは?

相手の男性に、もう一度デートに誘ってほしいと思うなら、自分が好意を抱いていることを、相手にきちんと伝えなければいけません。

デートの終わらないうちに、ちょっとした仕草やポーズで伝えるのが効果的です。

初めてのデート

相手が面白いジョークを言ったら、笑いながらそっと相手の肩や手に触れてみましょう。

通りを渡るときには、さりげなく腕を組んでみましょう。 きっと好意は伝わるはずです。

男は、デート中に女性が示したどんなマイナス要素も、見逃すことはありません。

女性が言ったちょっとした言葉や、何気ない仕草を誤解して、自分を拒絶するメッセージだと受け取ることさえあるのです。

だから最初のデートでは、たとえ疲れていてもはきはきと返事をして、快活にしていることが大切です。

また、別れ際も非常に重要です。
「最後に受けた印象ほど強く心のなかに残る」からです。

実際には、不満の残るデートだったとしても、彼とまた会いたいのであれば、「あっという間だったね。 とっても楽しかった」と、笑顔で言いましょう。

デートで女性をエスコートして楽しませる役目を背負う男性にとって、デートが成功に終わるか失敗に終わるかは、とても重要なことです。

「とっても楽しかった」という言葉をもらった彼にとっては、「大成功よ」と褒めてもらったのと同じことなのです。

男としてのプライドをくすぐられた彼は、必ずまた会いたいと誘ってくるはずです。

デートのお礼はあなたから

お礼の電話

初めてのデートの後は、女性のほうから男性にお礼の電話なりメールなりをするべきです。

男とは不安を抱えた生き物です。 最初のデートの後、男は相手の女性が自分のことを気に入ってくれたかどうか、不安で仕方がないのです。

「ひょっとしたら嫌われたかもしれない」
「もう会ってくれないかもしれない」

こんなことを考えているのです。
そんなとき、デートした女性からお礼の電話なりメールなりがあれば、男は本当に嬉しく思うものです。

これがきっかけとなって、男は自信を取り戻し、2回目のデートの約束を取り付けようとするのです。

このページの先頭へ